「職場の人間関係が悪い!」改善方法や良い人間関係を築く方法を紹介

「職場の人間関係が悪い!」改善方法や良い人間関係を築く方法を紹介

「職場で人間関係がうまくいかない」「どうすれば人間関係が改善できるのかわからない」など、悩みを抱えていませんか?悩みがあると毎日の出勤が憂鬱だったり、業務がうまく進まなかったりしますよね。

職場の人間関係にストレスを感じたら、改善する努力をしたり、仕事だと割り切ったりすることが大切です。

しかしそれでも辛いという場合は、転職を考えてみてください。

「転職先で、また人間関係に悩むかもしれない」と不安に感じるかもしれません。転職先の職場では、できるだけ良好な人間関係を築きたいですよね。そのためには挨拶をしたり、自発的にコミュニケーションを取ったりするなどの行動が大切です。

この記事では、良い人間関係を築くための8つの方法も紹介します。「転職せずに人間関係を良くしたい」という人や「転職先で良い人間関係を築きたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

職場の人間関係が辛い!そんなときの対処法3つを紹介

「職場の人間関係が最悪でストレスを感じる」「人間関係の悪さをどうにかしたい」と思う人は多くいることでしょう。

人間関係が悪いと何をするにも気になって、仕事に集中できないですよね。職場の人間関係が悪いときにオススメの対処法は、次の3つです。

職場の人間関係が悪い人にオススメの対処法

それぞれ詳しく見ていきましょう。

職場の人間関係を良くするには、まず挨拶から!現状を改善する努力を

人間関係が悪くストレスを感じているとき、「どうにかして今の状況を改善したい」と考えるものですよね。しかし一度こじれてしまった人間関係を改善するのは、なかなか大変です。

人間関係を改善するには、さまざまな方法があります。

数ある改善方法の中でもまず試してほしいのは、自分から積極的に挨拶をすることです。

「相手が挨拶をしてこないから、自分も挨拶はしない」「相手から嫌われているようだから、話しかけないほうがいいだろう」などと考えていては、いつまで経っても人間関係は良くなりません。

今まで積極的に挨拶できなかったんですが、いきなり自分から挨拶すると相手からどう思われるのか気になってしまって怖いです・・・。
でしたら、まずは挨拶の仕方を変えてみてはどうでしょうか?いつもより大きな声で、いつもより笑顔で、などちょっとしたことから始めてみましょう。

また「ありがとう」と「ごめんなさい」の言葉を素直に伝えるのも大切。

恥ずかしかったり、タイミングを逃したりして伝えられなかったことがある、なんていう人はいませんか?どんなに小さなことでも「ありがとう」や「ごめんなさい」を言われるのと言われないのとでは、相手に対する印象が大きく変わります。

素直に「ありがとう」と言ってもらえると嬉しいですし、感謝の言葉がないと悲しいですよね。

感謝の気持ちを伝えるのは、新たな職場で良好な人間関係を築くためにも重要です。詳しくは「職場で良好な人間関係を築くには?具体的な方法を8つ紹介」の章で紹介します。

職場で無理に仲良くする必要はない!仕事だと割り切る

人間関係が悪くても業務に支障がなければ、仕事だと割り切るのも1つの方法です。

必ずしも「職場の人間関係は良好にすべきだ」と考える必要はありません。

仕事だと割り切って、必要以上に関わらないようにすれば良いのです。「良い人間関係を築かなければいけない」などと、考えすぎないようにするのがポイント。

しかし、仕事上どうしても避けられない人もいますよね。そんなときは「相手に期待しすぎない」ようにしてみてください。たとえば相手からの挨拶が返ってこなくても、初めから期待していなければ必要以上に気になることはありません。
僕は部長に挨拶しても無視されてしまいます・・・。僕も同じように無視するんじゃなくて、返事がくるのを期待しなければいいんですね。
その通りです!相手がしたからと言って自分も無視するのはいけませんよ。無視されても「これも仕事のうちだ」くらいに考えておけばいいのです。
なるほど。「自分は嫌われているから無視された」など、考えすぎるとダメなんですね。
そうなんです!仕事上で必要な報告・連絡・相談など最低限のコミュニケーションだけ取って、気にしすぎなければ仕事に集中できますよ。

人間関係が改善しないしストレスで辛い!転職するのも1つの手

職場の人間関係がどうしても辛い場合、思い切って転職するのが1番手っ取り早い方法です。転職して新たな職場で働くことで、人間関係を一新できます。

人間関係が原因で「仕事を辞めたい」と思っている人は多いもの。対処法のほか転職経験者の声や辞めるときの退職理由など、詳しく説明している記事もあるので読んでみてくださいね。

転職するなら、次は人間関係の良い職場で働きたいです。転職先を探すのに良い方法はありますか?
でしたら、転職エージェントを利用してみてください。キャリアアドバイザーから、職場環境や社内の雰囲気を知ることができますよ。

転職エージェントのサービス内容や、メリット・デメリットについては、次の記事で紹介していますので参考にしてください。

また「転職先でも人間関係が悪かったらどうしよう」「転職先でうまくやっていくにはどうしたらいいんだろう」など、転職前に悩んでしまう人もいますよね。

転職先で良好な人間関係を築く方法は、挨拶をする、感謝の気持ちを伝えるなどさまざま。具体的な方法は、次の章で詳しく説明しますね。

私はできるだけ転職せずに、今の職場の人間関係を改善したいと思っています。具体的な方法はありますか?
転職する場合もしない場合も、人間関係を良好にする方法は同じです。

良い人間関係を築くために具体的にどうすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

職場で良好な人間関係を築くには?具体的な方法を8つ紹介

職場で良好な人間関係を築くために、次のような行動が行えているか確認してみてください。

  1. 挨拶をする
  2. 積極的にコミュニケーションを取る
  3. 感謝の気持ちを伝える
  4. 素直に謝る
  5. 人によって態度を変えない
  6. ネガティブな発言をしない
  7. 報告、連絡、相談をする
  8. きっちり仕事をこなす

これを当たり前に行えば働きやすい環境になり、いい人間関係を築くことができると考えられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【1】笑顔で挨拶!相手の目を見て返事をしよう

良好な人間関係を築くために最も大切なのは「挨拶」です。

挨拶を抜きにして、良好な人間関係は築けません。日常の挨拶は、社会人としても基本的なこと。

例えば出社時の「おはようございます」や、社内で同僚とすれ違ったときの「お疲れ様です」などの挨拶を忘れてはいませんか?

時間に追われて忙しい、業務が溜まって焦っていた、などの理由で挨拶を忘れてしまう場合もありますよね。できるだけ忘れないよう意識して、相手にきちんと挨拶の言葉を伝えるようにしましょう。

また、同僚に話しかけられたときの返事も大切です。

自分はしっかり返事をしているつもりでも、次のような場合に誤解が生じてしまうかもしれませんので気をつけてください。

職場でのコミュニケーションで人間関係が悪化しやすい例

・業務に集中していて、呼ばれたことに気づかなかった
集中していて気付かない
・相手に背を向けていたため、返事が相手に聞こえなかった
背を向けて返事をする
・相手の目を見ず返事をしたので、印象が悪くなった
相手の目を見て返事する

挨拶や返事をするときは、笑顔で相手の目を見て言うようにしましょう。一つひとつは小さなことですが、継続すれば格段に周りからの印象は良くなりますよ。

【2】積極的にコミュニケーションを取ろう

職場で良好な人間関係を築くためには、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。コミュニケーションを取らなければ、仕事が円滑に進められないだけでなく、相手がどんな性格でどんな考え方をしているのかわかりませんよね。

苦手な人とはとくに、積極的に会話をしてみるのはどうでしょうか。

改めて話をしてみると、意外と気が合うかもしれません。関わってみないと、その人の良さにも気付けませんよね。

何度か自分から話しかけてみることで、相手も話しかけやすくなります。

コミュニケーションが大事なのはわかりますが、相手と会話が続きません・・・。何を話せばいいのかわからないんです。
そんなときは質問をして、相手に喋ってもらいましょう。

積極的なコミュニケーション

「どんな食べものが好き?」など一言で答えられるような質問でもいいですし、「休日は何をしてた?」と会話が広がりそうなものもいいですね。プライベートについて聞きづらいときは、業務上の疑問点などを積極的に聞いててみるのがオススメです。

話しかけるタイミングは、休憩中や相手が忙しくないときにしてくださいね。

【3】どんなに小さなことでも感謝の気持ちを伝えよう

感謝の気持ちを伝えるのは、大きな出来事があったときだけではありません。日常のちょっとしたやり取りに、一言だけでも感謝の言葉を伝えるのが大切です。

ありがとうの伝え方

例えば「頼んだ資料を作ってもらったとき」「ボールペンなどを借りたとき」などに、「ああ、どうも」なんてそっけない返事は返ってきたら悲しいですよね。

どんなに小さなことでも、自分のために相手が動いてくれたのですから「ありがとう」とはっきり言葉にして伝えましょう。

笑顔で「ありがとう」の言葉を伝えてくれる人とは、今後も良い関係を築いていきたいですよね。
確かに!ちょっとしたことでも感謝してもらったら、言われた方も気持ちがいいです。
そうなんです。そっけない態度は相手を嫌な気分にさせる事が多いですから、気を付けてください。

【4】迷惑をかけた・仕事でミスしたときは素直に謝ろう

「仕事でミスをして、周りに迷惑をかけてしまった」そんなとき、なかなか素直に謝れないこともありますよね。「時間がなかったから」「他の人が間違えていたから」などと、言い訳を考えてしまう場合もあるでしょう。

自分のミスを受け入れて、素直に謝罪できる人は「相手から信頼される人」になれます。

自分のミスを受け入れるということは、失敗を反省するということです。「反省したなら、次も同じ失敗をする可能性は低いだろう」と相手から思ってもらえます。

逆に謝れない人は「反省できていない」と周りから勘違いされる場合が多く、「また同じミスをするのでは?」と思われることも。

謝るだけでなく、しっかり反省することが大切です。「失敗は成功のもと」ということわざがあるように、自分のミスを次に活かせるようにしましょう。

【5】人によって態度を変えない!役職ではなく名前で呼ぶ

職場の人によって態度を変えるのは厳禁。上司には笑顔で、部下には素っ気なく挨拶していたのでは、挨拶される方もそれを見ている方もいい気分にはなりませんよね。

もちろん立場によって敬語を使う・使わないなどの違いはありますが、誰にでも同じように笑顔で接することが大切ですよ。

また同期や部下に話しかけるとき「ねえ」とか「なあ」などと、相手の名前を呼ばないのは失礼です。相手が話しかけられたと気づかない場合もありますし、そんな呼び方をされると不快に感じる人もいます。

同じ職場で働く人の名前は必ず覚えて、「◯◯さん」と名前で呼びましょう。上司に話しかけるときも「部長」などの役職名だけでなく、「◯◯部長」と名前を言う方が好印象です。

【6】ネガティブな発言はNG!不満や悪口のない会話をしよう

職場で良好な人間関係を築きたいのであれば、ネガティブな発言はできるだけ避けるようにしましょう。

ネガティブな発言って、どんなものが該当しますか?
仕事の文句や人の悪口などはネガティブ発言ですね。また人が発言したことに対して「私には絶対無理」と否定するような言葉も、ネガティブ発言と言えます。

相手との関係や会話の流れにもよりますが、自分の発言を否定されるのは不快に感じるものです。それに相手を否定してばかりいては、会話が続かず、コミュニケーションもままなりません。

できるだけポジティブな言葉で、相手との会話を楽しむようにしましょう。

【7】報告・連絡・相談を確実に!仕事をスムーズに進めよう

「報・連・相(ほう・れん・そう)」と略して言われることも多い、「報告」「連絡」「相談」は社会人として基本的なマナー。仕事をスムーズに進めるために不可欠です。

報告する
連絡する
相談する

例えば「報告」をしなければ、上司は部下の仕事が終わったことに気づきません。業務中のミスを、上司にきちんと報告するのも大切です。

また打ち合わせの日程や会議の予定などの小さなことでも、関わる人すべてに「連絡」することで仕事は回っています。業務中に悩んだり困ったりしたときは、上司に「相談」してスムーズに仕事を進めたり、問題を解決したりするのです。

何の相談もなく仕事を進めてミスをする人よりも、ミスをする前に相談してから作業を進める人と一緒に仕事がしたいですよね。

仕事を自分勝手に進めず「報・連・相」を実行すれば、仕事が円滑に進められるだけでなく、周りの人とのコミュニケーションも自然に取れるようになります。

業務上チームワークが欠かせない職場では、個人のミス1つで全体の作業が止まることもあります。「これくらいのミスは報告しなくてもいいだろう」と自分で判断すると、トラブルのきっかけになるかもしれません。

ミスやトラブルを事前に回避して仕事を進めることができれば、人間関係の改善につながる可能性もありますよ。

「入社したばかりで右も左も分からない」という人はとくに、「報・連・相」を強く意識して仕事に取り組んでください。

【8】きっちり仕事をこなす!「一緒に働きたい」と思われる人になる

当たり前のことですが、職場は仕事をするために行くところです。職場の人に「一緒に仕事がしたい」と思ってもらえたら、人間関係は円満だと言えますよね。

どうすれば同僚から「一緒に仕事がしたい」と思われるんでしょうか?
そのためには挨拶などのコミュニケーションはもちろん、きっちり仕事をこなすのが大切です。ミスが多い、作業スピードが遅いなど同僚に迷惑をかけてばかりの人と「一緒に仕事をしたい」とは思いませんよね。
確かに!一緒に仕事をするなら、効率よく正確に作業できる人と働きたいです。

「一緒に仕事をしたい」と思われるためには、作業の正確さとスピードを意識して業務に集中しましょう。

「作業が遅くて仕事が回らない」「何度注意されても、ミスが減らない」という人もいますよね。その場合、正確さとスピードを意識して取り組むのはもちろん、「改善しようとする意思」を見せてください。

「ミスしたけど仕方がない」と思わずに、「次は同じミスをしないようにしよう」「もっと効率のいい方法を試してみよう」など、同じ過ちを繰り返さない努力が必要です。

次はミスをしないように頑張る

しかし努力だけでは、どうしようもないこともあります。そもそも今の仕事は自分に向いていない可能性も。仕事が自分に向いていないなら、やりがいのある仕事ができる職場へ転職するのも1つの手です。

「今の仕事が向いていないのでは?」と悩んだときに考えるポイントや、退職前に考えておきたい点については次の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

また自分の仕事は完璧にこなしていても「人の仕事は手伝わない」という姿勢はNG。同僚が困っていたら手助けをする、積極的に仕事を手伝うなど、相手を思いやる行動を取りましょう。

職場の人間関係を円満にして楽しく仕事をしましょう

職場の人間関係にストレスを感じているときの対処法と、良好な人間関係を築くための具体的な方法を紹介しました。

職場の人間関係が悪いときは、挨拶の仕方を変えてみてはどうでしょうか。また仕事だと割り切って、必要以上に関わらないようにするのも1つの手です。

良好な人間関係を築く方法は、挨拶をする・感謝の気持ちを伝えるなど、さまざま。どの方法も大切ですので、少しずつ実践してみてくださいね。

どうしても状況が改善しない場合は、転職も視野に入れてみてください。転職エージェントを利用すれば、人間関係の良い職場を探すことができますよ。

良好な人間関係を築いて、仕事が楽しいと思える職場を目指しましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月18日 09:29 求人更新